コラーゲンが入った食べ物をたくさん食べて、美肌を目指している人も多いと思います。 でも、近年では、コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)を摂取しても意味がないという説もありますね。 結論からいうと、この説は間違いではないんです。 ただ、正解でもないのです。 まず、基本的に、コラーゲンを食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)から摂取しても、必ずしも美肌に繋がる訳ではないんです。 なぜなら、コラーゲン(美肌効果や関節痛などの改善効果が期待できるとして、たくさんの商品が開発され、売られています)は体に吸収されづらいと言う特徴を持っていますし、肌に限らず関節などの様々な場所に用いられるからです。 そのため、コラーゲンが含まれた食べ物を非常に多く食べているからといって、美肌(色々な化粧品をつけすぎると、かえってお肌にはよくないといわれていますね)になれるとは限りません。 もし、効果的にコラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)を摂取したいのであれば、サプリメントやドリンクなどで摂った方が良いでしょう。 特にその中でも、低分子化したものをお勧めします。 低分子化したコラーゲンであれば、吸収率が良いので、効果的に体に吸収されます。 できれば、コラーゲンが凝縮された高配合の商品を利用すると、さらに効果を実感可能となりましたー